Sibelius降臨

これまでクラシックの作編曲は、ずっとFinaleを使っていました。
が、これがねぇ、楽譜制作ソフトとしては一級品だと思うんですが
作編曲ツールとしては、まぁDAWに敵わないのは当たり前っちゃ当たり前なんでしょうが
とにかく使い辛いのなんのって。立ち上げるの憂鬱になるくらい(´・ω・`)
で、ついに浮気してしまいました。
Sibelius
Finaleと並ぶ楽譜制作ソフトの雄、Sibeliusであります(゜д゜)
クロスグレード版のおかげでかなり安価で導入出来ました、ありがたやw
使い勝手がどうなのか?は触ってみないと分からないので、
購入前に体験版をDLして一通りの操作を試してみましたところ
レイアウト作成がとにかく楽、比べ物にならないくらいに楽w
こだわった楽譜を作るなら間違いなくFinaleに軍配ですが、
作編曲ツールとしては明らかにSibeliusに軍配です。
そして操作もFinaleに近い入力方法が取れる事もあって
慣れるのにそう時間がかかる事はなさそう。
そして、付属のサウンドライブラリは35GBにもおよぶ大容量で、
クオリティもなかなかすごいです。
64bitにネイティヴ対応してるので、メモリたっぷりで動作も安定。
アクティベーションの手続きが結構ややこしく、かつ
サポートサイトが参考にならないレベルだったのが不満ですが、
サポートのメール対応は迅速かつ丁寧だったので±0w
早速これからの作編曲作業で活躍していただこうと思います(´∀`)