最終兵器

突然の思い付きで今週は更新強化ウィークに設定されました。ただし私の気が変わった時点で終了(/・ω・)/
そして今週のお題は、去年から今年にかけての二矢的ヒットソングを、動画を交えながらご紹介いたしますよ。これもネタが切れた時点で終了です。1週間分=6-7曲も紹介出来る曲あるかと言うとちょっと怪しいのですけど、昨年は個人的には豊作の年だったので、何とかひねり出せるんではないかと。
さて、一発目にご紹介するのは、メタルコアの最終兵器とか最終形態等と形容されたりするアメリカのメタルコア/ポストハードコアバンド、Misery Signals。2008年リリースのアルバム「Controller」は名盤と言われているそうですが、私は昨年リリースされたセルフプロデュース作「Absent Light」の方が圧倒的に好み。リリースから半年ほど経った今も、ほぼ毎日(最近はもっぱら通勤時)通して聴いているくらい好きです。
このバンドの魅力は、強靭で圧倒的なバンドアンサンブル。メタルコアバンドの中でも屈指のプログレッシヴな展開と複雑に絡み合うアンサンブルでもって攻めてくるにも関わらず、どこかクールで知性的でもあり、積み上げられた響きからは神々しさすらも感じられます。抒情的なフレーズから鋭いリフにへヴィな刻みまでを縦横無尽に駆け巡るギターと、すさまじい手数で耳を掴んで離さないドラムが特に好み。
弱いところがあるとすれば、ボーカルがいまいち…かなと。もうちょっとバリエーションがあると、更にアンサンブルが光ると思うんだけどなぁ。上滑りしてるような中途半端な高さで一本調子のスクリームしかしないバンドが多い中で、太くて重心低めのスクリームは魅力的ではあるんだけど、もうひと押し欲しいってのが本音です。あと、アルバムのジャケットがメタルっぽくてあんまり好きじゃない。ジャケットだけは前作の方が好きw
ここまでダラダラと書き連ねたところで、ようやく音源を。アルバム「Absent Light」収録曲の中でも私が一番好きな曲、「Luminary」です。アルバム1曲目はイントロみたいなもので静かに幕を開け、続けざまに流れるこの曲が実質1曲目。またこの流れがかっこいいんですよ、えぇ。気になる方はアルバム聴いて下さい(`・ω・´)