ビシっと来ないけど、まぁ…

引き続きまったりとMiroslavさんを使って曲作り中。新たに1曲が何となく形になって、今のところとりあえずまとまったのは2曲。上の人の反応が気になるところだけど、1人で焦ったところでしょうがないのでとりあえず上げるだけ上げて、早々に次の曲の作業へ流れちゃう予定(´-ω-)
まだ自分の中でテーマをはっきりさせられてない部分もあって、作ってても「これだ!」って手応えをなかなか感じられないのがちょっと辛かったりして。情報がまだまだ少ないから固め切れないのも仕方ないのかもしれないけど。残ってる1曲が短めのループ物なので、インパクトがあってビシッと耳に来るものを作りたいところ(‘Д’)
ふと、そういえば最近はあんまり新しい音楽聴いてないなぁ…と思います。CDもほとんど買わなくなったし。
とくにゲームミュージックなんて、FF11始めてからは本当に聴かなくなった。新しいゲームやらねぇんだもんwこの2~3年で自分の意思で聴いたゲームミュージックって、FF11以外だとペルソナ3くらいかもしれない。そもそも遊んだゲームの数がな~、この何年かで遊んでクリアまで行ったゲームってDSのソーマブリンガー、DQ5、エルミナージュ、PSPのブレイブストーリー、あとPSPのゲームアーカイブスでサガフロ2とルナドンオデッセイ、これくらいしか記憶にない。また携帯ゲーム機は音消して遊ぶ事がほとんどだから、音楽聴かないんだよね…w
ただ、ゲームを離れると最近はちょっと嗜好がまた変わってきてて、もちろん今まで好きだったサウンドも聴いてるんだけど、「水曜どうでしょう」に今頃はまった影響もあって樋口了一をよく聴いてます。勿論「1/6の夢旅人」w嫁さんが好きなスピッツもちょくちょく聴く様になったし、何故か嘉門達夫も昔のアルバムを探して買ったり借りたりして好んで聴いてたりするw「自転車」がすごく好きなんです( ´ω)
他には、嫁さんが最近DSの太鼓の達人でよく遊んでるんだけど、それに収録されてる「Yes!プリキュア5GoGo」の主題歌が何故か異様に気に入ってたりして。楽しい歌ですねあれ(‘∇’)今更ながら「創世のアクエリオン」もいいなぁと思ったり。
FF11で今でも時々俺の1人LSをひょっこり付けてくれる某Aタルさんも録画して見ているらしい「けいおん!」は、残念ながら原作もアニメも音楽も全く聴いてません。音楽をネタにした漫画とはいえ原作がきららな時点で内容が想像つくし。が、シングルやサントラのジャケ絵がかなりかわいい…wあれ目当てに買ってしまいそうな自分がいる( -ω-)
ロックだと、何だろうなぁ。今月後半に出る65DOSのライブアルバムと、来月出るカリ≠ガリの復活シングルがとても【興味があります。】くらい。時々CDショップ行って試聴コーナー巡ったりもするけど、ビビッと来るのはなかなかないねぇ。ちょっと寂しい。
何だかんだ言っても未だに聴いてるのはUnderoath。俺の中でこのバンドを越えるバンドはまだまだ見つかりそうにない感じ。

2件のコメント

  1. ・プリキュア
    アニソンオタとしても、日曜朝の少女(と一部の大きな男の子)向けアニメの曲は名曲が多いと思ってます。
    ・k-on
    某Aタルさんは某LSのほうではたまにそれが元ネタの話を振ってくるので、いちいち拾ってますw
    アニメ自体はやっぱりきららで想像通りなんだけど、らき☆すたと違って何となく見やすいです。らき☆すたにははまれなかった私とか、別のチャット仲間のぜんぜんオタ気がなかったバンドやってた人とかがどっぷりですから、案外二矢さんも見たらはまるかも。
    個人的にはやっぱりクラシックに回帰してる。
    著作権フリーになってるモノがいっぱいあるので、音質ちょっと我慢すればYouTubeとかで好きなだけ見れたり。
    ただやっぱり作曲に刺激を受けるのは新しい曲ですねえ。同じく新しい曲あんまり聴いてないからダメなんだろうな~とかは思う。

  2. プリキュア5はキャラもいいんですよねぇ、キュアアクアとかストライクゾーンど真ん中…wwフレッシュプリキュアになって興味完全に失いましたが( ´ω)
    「けいおん!」は、「のだめ」がそうだったんですが、素直に楽しむ気持ちで読んだり観たりが出来そうにないんですよ。むしろ落ち込んじゃうんじゃないかな~って。不必要なところで自分と重ねてしまうのかも(´・ω・`)
    でも、気になったので「けいおん!」のOPとEDは聴きましたよw軽音楽っていうのの定義が分からないので何とも言えませんが、ちょっと思ってたのとは違ったなぁ。特にEDは高校生って設定のキャラにはハードすぎると思いますw
    OPだけなら「らき☆すた」のが好きかもしれない。絵は確実に「けいおん!」ですけどw

コメントは受け付けていません。